自己投資するにはどうすればいいか

投資をする際には、自分の資金を使って資産を増やしていくことをしていきます。資産運用には、投資の中でも、ローリスクローリターン、ミドルリスクミドルリターン、ハイリスクハイリターンがあります。 ローリスクローリターンは、外貨預金、預金、債券などです。ミドルリスクミドルリターンは、投資信託、REIT、外貨MMF、株式、不動産などがあります。ハイリスクハイリターンは、先物取引、FX、仮想通貨などがあります。

そもそも投資をして、資産運用するのがなぜいいのでしょうか。
その理由の一つ目は、超低金利ということがあります。銀行に資産を預けていても、ほとんど利益は得ることが無いのです。ですから、資産運用をしっかりとして行った方がいいでしょう。
二つ目の理由としては、老後のための資金を自分で作るというものです。少子高齢化になり、将来年金でもらえる金額はとても少なくなっています。ですから、しっかりと自分で資産を増やし、老後に備える必要があるでしょう。 では、投資する際に気を付けることは何なのでしょうか?

まず一つ目が、長期運用をするということです。1年2年という短期の投資ではなく、10年20年という長期の投資をすることが出維持です。そうすることで、リスクを軽減することができるのです。また福利を得ることができる可能性もあります。利益が利益を生んでいくことが可能性としてあるためです。 100万を年率5%で運用すると1年後は105万になりますが、積み重なり5年後は、127万6,282円になります。単利の場合は、125万なので福利の投資の方がおすすめです。 100万が200万になるには、この場合、単利では20年かかりますが、福利の場合には15年で200万になります。 続けて注意することは、分散投資をすることです。投資先を一つに絞っていては、価格が下がった時に、資産が無くなってしまいます。そこで、分散投資がいいでしょう。
そして初心者におすすめなのが、積立て投資です。これは、毎月少ない額を投資することができるためおすすめです。 初心者が投資を始める場合には、ネットの証券会社がおすすめです。店舗がある証券会社の場合には、営業の人のセールストークに本当に自分に必要なのか分からないからです。 ネットの証券会社であれば、自分のペースで投資することができますし、万が一分からないことがあれば、コールセンターで問い合わせることができるのです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です